初回価格
通常価格
研磨剤
フッ素
キャンペーン

ブリアン

『BLIS M18』を採用した子供用の歯磨き粉

虫歯菌を口中から除去していく

子供達が大好きな『イチゴヨーグルト味』を採用


ブリアンの特徴!

ブリアンは、日本で初めて虫歯菌除去成分『BLIS M18』を採用した子供用の歯磨き粉です。

最大の特徴は、虫歯にならない子供達の研究から発見された成分『BLIS M18』により、 虫歯菌を口中から除去していく事。

3歳までに虫歯菌がお口に入らなければ、虫歯にならないと言われていますが、 虫歯菌除去成分『BLIS M18』で歯を磨く事で、一度虫歯菌がお口に入ってしまったお子様でも 虫歯になりづらい口内環境を作ることができます。

また、子供達が大好きな『イチゴヨーグルト味』を採用しました。 歯磨きを嫌がるお子様からも「美味しからブリアンで歯を磨きたい」と好評をいただいております。

ブリアンのスペック

初回価格 2980円(税別)
通常価格 4200円(税別)
2回目以降価格(定期) 8424円
定期送料 600円
研磨剤 不使用
フッ素 不使用
継続縛り なし

大人用ブリアンの体験レビュー!

『ブリアン』の効果は?成分とモニター体験から検証します!

乳酸菌でむし歯予防できると評判の歯磨き粉『ブリアン』。新聞にのっていたので知ってはいましたが、使ったことはありませんでした。

でも、広島大学の歯学部教授が開発した8020ヨーグルトはよく食べます。乳酸菌の力でむし歯や歯周病が予防できると言われていますよね。食べ物でむし歯や歯周病が予防できるなら、嬉しいなって思います。

『ブリアン』は、ニュージーランドの大学教授が発見した善玉菌「BLIS M18」が中心になっていて、むし歯になりづらい子どもたちの研究から発見された菌だそうです。そのお試しをすることになり...歯磨き粉マニアなので楽しみです。

この歯磨き粉には大人用と子ども用があるので、本当は子どもと一緒に試せたら良かったんですが、残念ながら身近に子どもがいないので、両方私が使ってみました。

でも、子どもさんのいる人は親子での使用がおすすめです。子どもさんを歯磨き好きにするにはとてもいい歯磨き粉だと感じます。

ブリアン画像1.jpg

青い箱が大人用。ピンクの箱が子ども用です。

ブリアン画像2.jpg

子ども用は、とても可愛いパッケージです。

ブリアン画像3.jpg

取り出すと個包装になっています。

ブリアン画像4.jpg

こちらは成分表示。一見すると、歯磨き粉とは思えません!食品に含まれる成分ばかりです。成分表示は、子ども用も大人用も同じです。

『ブリアン』全成分

・デキストリン ・フルクトオリゴ糖 ・エリスリトール ・乳酸菌 ・香料

たったのこれだけです。

デキストリンはでんぷんの一種、フルクトオリゴ糖は糖類ですが、砂糖とは異なり、むし歯の原因にならないとされています。フルクトオリゴ糖には、むし歯を抑制する効果があるとも言われています。

エリスリトールは砂糖由来の人工甘味料ですが、こちらもむし歯菌の栄養源として使われることは無いとされているものです。私もむし歯になりやすいので、代用甘味料としてよく使います。

ブリアンの使い方

ブリアン画像5.jpg

小皿か手の平に中身を出します。

ブリアン画像6.jpg

軽く濡らした歯ブラシにブリアンをつけます。

ブリアン画像7.jpg

こんな感じに。

そしてブラッシング。途中で何回かつけ直しながら丁寧に磨きましょう。

初回の感想

○味はお菓子みたい

成分表示を見ると「食べ物みたい」と思いましたが、とくに子ども用はイチゴ味なので、本当にお菓子のよう。注意しないと子どもがおやつ代わりに食べてしまいそうな感じです。大人用の方はほとんど味はせず、かすかにスーッとした清涼感があります。

○泡立ちませんがお口スッキリ

泡立つような成分が入っていないので当然泡立ちませんが、磨くと口の中はスッキリとします。ちゃんと歯垢が取れているという感じ。たったあれだけの成分なのに不思議です。乳酸菌の力なんでしょうか?

○最後はうがいをしなくてもOK

磨き終わっても、うがいはせず、口にたまったツバを吐き出すだけでもいいそうです。体に入っても害になるようなものはないので、そこは安心です。

磨き終わった感じは?

使う前は、「これだけのもので綺麗に磨ける?」と半信半疑でしたが、意外と口の中はスッキリです。

使い続けると本当にむし歯が予防できる?

乳酸菌「BLIS M18」のむし歯予防効果は、厚生労働省によって効果効能が認められた薬用成分ではないため、はっきりと「これでむし歯が予防できる」とは書けないようです。

そして、私自身も専門家ではないし、正直なところはよくわかりません。でも、『ブリアン』は歯科医の先生が開発しているようなので、信頼感はありかなと思います。

一週間『ブリアン』だけを使ってみましたが、お口の中はツルツルし、とくに問題無さそうです。実感として、悪くないと思います。

それに、『ブリアン』には、それ以上に大きなメリットがあると感じました。

『ブリアン』のメリットとは?

○子どもを歯磨き好きにできる!

むし歯を予防する最大のポイントは、「丁寧な歯磨き習慣をつけること」と思います。いくら優れた歯磨き粉を使っても、ブラッシングが適当だったり歯磨きそのものをさぼってしまったりすることがあると意味がありません。

私は小さい頃、歯磨き粉の味や質感がすごく苦手で、さらに母親が歯の健康に無頓着だったので(仕上げ磨きどころか本人が歯を磨かず眠ることも)、恥ずかしながら、昔は超いい加減にしか歯を磨きませんでした。

今は歯磨きの重要性もすごく言われていますが、でも、「子どもが歯磨きを嫌がる」と悩むお母さんたちも多いようです。

子どもには理屈は通用しないので、『ブリアン』のように可愛く美味しい歯磨き粉があるのは心強い感じがします。子どもさんに正しい歯磨き習慣をつけてあげられるきっかけになるのなら、結果的にむし歯予防効果は期待できそうかな?と思いました。

○他の歯磨き粉との併用もできる

『ブリアン』は、乳酸菌を守るため、界面活性剤や殺菌剤などの類を一切使わないというスタンスのようなので、その目的から言うと、他の歯磨き粉を併用するのは...?と思うかもしれませんが、仕上げとして『ブリアン』を使うなら問題ない気がします。

これだけではやっぱり不安という人は、他の歯磨き粉を使った後の仕上げ用として使用するのもいいのではないでしょうか。

とくに、大人の方で歯周病などがあるなら、『ブリアン』だけの使用では少し心もとないかもしれません。反対に、現段階でお口に特別な問題が無い人なら、『ブリアン』だけの使用で試すのもありと思います。

歯科医院に定期通院しながら使ってみては?

むし歯のなりやすさには個人差がとても大きく、元々リスクの高い人は歯磨き粉だけでは防ぎきれない部分があります。反対に、いい加減なお手入れでも一切むし歯にならない人もいます(うちの母がそうです)。

『ブリアン』の口コミも様々。けれどこればかりは、「個人差」の部分が大きいと思います。歯科医院で定期的なチェックを受けていれば、むし歯は早期発見ができるので、それと合わせ、歯医者さんや衛生士さんと相談しながら使うなら、『ブリアン』のお試しも安心ではないでしょうか?